読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年の予定

ツクール

公開する予定のないものを作ってます。

文章力と語彙力のなさを実感してるところ。

 

これが終わったら公開する予定のあるものか公開する予定のないものを作る予定です。

3Dモデリング

MODO indieのサブスクリプション版買いました。

Blenderでいいんじゃねとは100回くらい思いましたが憧れを大切にして購入。

 

チュートリアルとかMODOの本読んで勉強してみます。

とりあえず使い道は考えずに色々ガラクタを作ってみたい。

音楽制作

KORG gadgetで遊びます。

いい感じのループを作れても展開の仕方がサッパリわからず

フェードインとフェードアウトだけの曲みたいになるんですがどうすればいいんだろう。

 

今すぐ曲を作るとかではなくて、

オモチャ感覚で楽しみながら覚えていくつもり。

KORG gadget (1)

まだまだ使い方全然分かってないんですが初心者なりに分かったところをグダグダに書いてみます。

下側の鍵盤の数なんか足りなくない?

適当に押してもいい感じになるように、下側の鍵盤にはいい感じの音階の組み合わせだけが載ってるようです。
鍵盤の横のSCALEボタンを押すと、音階の組み合わせの種類とかオクターブを変えられるらしい。
左側の鍵盤には、下側の鍵盤にない音階も載ってます。

左側の鍵盤もなんか微妙に足りなくない?

さっきのSCALEボタンを押したときに選択されてたScale Typeによって、
左側の鍵盤に表示される音階も変わるようです。
音楽の流儀によって使う音階がある程度決まってるんでしょうかね。

一番上のChromaticを選択すると、左側には全ての鍵盤が表示されるようです。
でも下側の鍵盤はやっぱり一部の音階のみの表示です。
まあ、全部使いたいならMIDIキーボード使えということですかね。

つまみの意味が全然分からない

分かりません。
でもRELEASEを高くするとキーを離した後も音が鳴り続けるのと、
PORTAMENTO高くすると音階が徐々に変わるのは覚えました。
適当に弄りながらなんとなく覚えてけば大丈夫でしょう。多分。

楽にかっこよく弾きたい!

SCALEボタンを押しましょう。

上の方にChordのトグルボタンがある楽器なら、ONにすればキー押しただけで和音を演奏してくれます。
かっこいい!!

さらにその横のArpeggiatorをタップし、その後のポップアップでRunを押して鍵盤を押し続けると、
アルペジオとか言う超かっこいい演奏をしてくれます!
色々パラメータを弄ると演奏も変わるので、鍵盤押しながらパラメータ弄ってるだけで演奏できてる気分に浸れますよ!

ただし楽器によっては元々アルペジオで演奏する機能持ってる物もあるので注意。
被らせても結構かっこいいですけど。

で、結局どう曲を作ればいいの?

よく分かりません。
でも一つ分のトラックを作るコツはなんとなく分かったような。

下側の○ボタンを押してから三角ボタン押すと、リアルタイムに演奏をトラックに記録してくれます。
そのときにQuantizeをONにしておくと、多少リズム外してもグリッドに合わせて調節してくれます。

手作業で一から打ち込むよりは、
へたくそでも演奏を記録してから調整した方が楽なようです。

演奏の記録はいくらでも重ねて行えるので、
再生っしぱなしにして少しづつ音を足していくのがよいんですかね。

近況

一切できないし今後も一生できないと思ってたドット絵と音楽制作始めました。

飽きなければ続ける。

 

ドット絵

Aseprite - Animated sprite editor & pixel art tool

 

ドット絵エディタは有名なEDGEを試してみたんですが、パレットが小さすぎて選ぶの辛いのと割と枯れたソフトなんでどうせならもうちょっと新しいのないかなと思ってたとこでTwitterで見かけたソフト。

パレットがでっかくて素敵。

 

音楽制作

KORG Gadget | MOBILE MUSIC STUDIO | KORG

 

iPadの音楽制作ソフト。なんか市販のゲームで聴いたことあるような音源がたくさん入って5000円!テンション上がる!

色々音弄ったりできるみたいだけどさっぱりわからない!これから覚える!

制作にはMIDIキーボードというのがあるといいらしいけど1万円くらいするし場所取りそうなんでとりあえず保留。

近況

なんかシナリオ考えるのに疲れてきてたのでD言語の勉強に逃避してました。

D言語は遙か昔にv1出る前にやったきりなんですけど最近はパッケージマネージャー追加されたりC言語のライブラリがポートされてたりで随分作りやすくなってるみたいですね。

ゲームライブラリはDerelictGL3で素のOpenGL使おうかとも思ったんですが、DXライブラリがD言語でも使えると教えて頂いたのでDXライブラリ試してみることに。

最新のDコンパイラだとコンパイルエラー出て動作しなかったんですが、v2.064まで落としてみたら無事コンパイル成功。
立派なD言語くんが表示されました。

f:id:HIZ:20160904205841j:plain

DXライブラリも動くようになったのでゲーム作ってみよかなーとも思いつつ、D言語久しぶりなんでまずは言語の勉強からかなとドキュメント探してみる。

ddili.org

上のサイトで、D言語の英語本が無料公開されてました。
総ページ759、完全に大型本です。

D言語の文法・機能を超丁寧に初心者でも分かるように説明してくれて、しかも章末に練習問題もあるという至れり尽くせり。

ただ丁寧すぎてクラスの説明に辿り着くまで300ページほどあるので一から読むのは結構厳しいかもしれない。


まあゆっくりと読んでくかと思ってたところで、シナリオ作りのモチベーションが戻ってきてしまったので今回の勉強はここまで。

RPG作りに戻ります。

最近のこと

RPG製作

マップ作りを半分ほど終えて、今はシナリオを文章化してます。

今まで頭の中の妄想をどう文書化すればいいのか分からなくて、
小説風に書こうとしては文章力の無さに絶望し、
思いついたシーンをメモ書きしてはこれどう繋がるんってなり、
シナリオ製作講座を読んでは知りたいのそこじゃないわってなり・・・・・・
を繰り返してたんですが、
最近ようやくしっくり来る方法が見つかりました。

紹介すると普通にネタバレになるので完成後にでも載せれたらと思います。

本当、みんなどうやってんですかね。
世界観とかキャラ設定作ってあらすじ作って即本文を書き出すんでしょうか。
無理です。

シナリオ製作手法、特に文章化の手法はもっと広まってほしいですね。

遊んでるゲーム

シャドウバース始めました。

TCGは初めて遊びましたけど面白いですね。
デフォルトデッキでなんとか勝とうと頑張るものの連敗し、
自分でデッキを組んでみたらバランス悪すぎてカードを出すことすらままならず、
なんとか戦えるデッキを組めたと思ったら戦術が極まったデッキにボコボコにされ、
戦術を決めてデッキを組まないと弱いと分かったのがつい最近というザコです。
ランクはC3まで行きました。

課金がだいぶ良心的なのも嬉しいですね。
一日一回なら約100円で回せて8枚貰える。
ランク戦でn回勝つとかミッションこなしても回せるので割と微課金でもいけます。

まあ過去のソシャゲの資産使い回してるから出来ることでしょうが・・・・・・

ロックマンのようでロックマンでない Mighty No.9

www.spike-chunsoft.co.jp


ロックマンの精神的続編と言われて話題になってたMighty No.9、クリアーしました。

続きを読む

ツール制作の勉強

ゲーム作ってるとちょっとしたツールがほしくなることが多いんで、

いい加減ツール制作できるようになろうと思った。

なので、GUIプログラムの勉強してます。




Javaの経験はあるのでSwing(Swingを使ってみよう - Java GUIプログラミング

勉強しよかなーとも思ったんですが、

最近JavaFXというのができたらしいのでせっかくなのでそっちを勉強してみてます。



新しい技術の常として解説サイト(特に日本語)が少ないんですが、

さすがに新しいだけあって作り方はすごく分かりやすいんで結果的にはプラスかなと思います。



解説は↓のサイトが分かりやすい。
初心者のためのJavaFXプログラミング入門


後は避けて通れない公式ドキュメント。
Client Technologies: Java Platform, Standard Edition (Java SE) 8 Release 8