近況

なんかシナリオ考えるのに疲れてきてたのでD言語の勉強に逃避してました。

D言語は遙か昔にv1出る前にやったきりなんですけど最近はパッケージマネージャー追加されたりC言語のライブラリがポートされてたりで随分作りやすくなってるみたいですね。

ゲームライブラリはDerelictGL3で素のOpenGL使おうかとも思ったんですが、DXライブラリがD言語でも使えると教えて頂いたのでDXライブラリ試してみることに。

最新のDコンパイラだとコンパイルエラー出て動作しなかったんですが、v2.064まで落としてみたら無事コンパイル成功。
立派なD言語くんが表示されました。

f:id:HIZ:20160904205841j:plain

DXライブラリも動くようになったのでゲーム作ってみよかなーとも思いつつ、D言語久しぶりなんでまずは言語の勉強からかなとドキュメント探してみる。

ddili.org

上のサイトで、D言語の英語本が無料公開されてました。
総ページ759、完全に大型本です。

D言語の文法・機能を超丁寧に初心者でも分かるように説明してくれて、しかも章末に練習問題もあるという至れり尽くせり。

ただ丁寧すぎてクラスの説明に辿り着くまで300ページほどあるので一から読むのは結構厳しいかもしれない。


まあゆっくりと読んでくかと思ってたところで、シナリオ作りのモチベーションが戻ってきてしまったので今回の勉強はここまで。

RPG作りに戻ります。

最近のこと

RPG製作

マップ作りを半分ほど終えて、今はシナリオを文章化してます。

今まで頭の中の妄想をどう文書化すればいいのか分からなくて、
小説風に書こうとしては文章力の無さに絶望し、
思いついたシーンをメモ書きしてはこれどう繋がるんってなり、
シナリオ製作講座を読んでは知りたいのそこじゃないわってなり・・・・・・
を繰り返してたんですが、
最近ようやくしっくり来る方法が見つかりました。

紹介すると普通にネタバレになるので完成後にでも載せれたらと思います。

本当、みんなどうやってんですかね。
世界観とかキャラ設定作ってあらすじ作って即本文を書き出すんでしょうか。
無理です。

シナリオ製作手法、特に文章化の手法はもっと広まってほしいですね。

遊んでるゲーム

シャドウバース始めました。

TCGは初めて遊びましたけど面白いですね。
デフォルトデッキでなんとか勝とうと頑張るものの連敗し、
自分でデッキを組んでみたらバランス悪すぎてカードを出すことすらままならず、
なんとか戦えるデッキを組めたと思ったら戦術が極まったデッキにボコボコにされ、
戦術を決めてデッキを組まないと弱いと分かったのがつい最近というザコです。
ランクはC3まで行きました。

課金がだいぶ良心的なのも嬉しいですね。
一日一回なら約100円で回せて8枚貰える。
ランク戦でn回勝つとかミッションこなしても回せるので割と微課金でもいけます。

まあ過去のソシャゲの資産使い回してるから出来ることでしょうが・・・・・・

ロックマンのようでロックマンでない Mighty No.9

www.spike-chunsoft.co.jp


ロックマンの精神的続編と言われて話題になってたMighty No.9、クリアーしました。

続きを読む

ツール制作の勉強

ゲーム作ってるとちょっとしたツールがほしくなることが多いんで、

いい加減ツール制作できるようになろうと思った。

なので、GUIプログラムの勉強してます。




Javaの経験はあるのでSwing(Swingを使ってみよう - Java GUIプログラミング

勉強しよかなーとも思ったんですが、

最近JavaFXというのができたらしいのでせっかくなのでそっちを勉強してみてます。



新しい技術の常として解説サイト(特に日本語)が少ないんですが、

さすがに新しいだけあって作り方はすごく分かりやすいんで結果的にはプラスかなと思います。



解説は↓のサイトが分かりやすい。
初心者のためのJavaFXプログラミング入門


後は避けて通れない公式ドキュメント。
Client Technologies: Java Platform, Standard Edition (Java SE) 8 Release 8

ワールドトリガー120話読んで ネタバレと妄想

新たな敵のガロプラの兵士たちがお目見えしたとこで終わる120話。


そのガロプラの兵士たちが、アフトクラトル勢と比べて

あまりにも普通の人間ぽい見た目であることから妄想が膨らんだので記事を。


最新話のネタバレです。

あと万が一妄想が当たってたらごめんなさい。

続きを読む

第20回3分ゲー感想

3分ゲーコンテスト - 短編フリーゲームのコンテスト

3分ゲーの雑感想。

野球ネオウェイブ

タイトル画面からはもっと狂った内容を期待したのですが結構無難な内容で残念。
ボール拾いが必要なとこを売りにするなら吸い込みボタンは蛇足では。

守れ!俺の騎士様!

ツクールのアクションだと当たり判定がどうにも納得できないー。

ルミナス・サマー

うーん、3分の読み物とはいえもう一捻りほしいです。

ルーミアのたからさがし

よくできてると思います。
ただアイテムやギミックが一度使ってみないと効果が分かりにくくて
やり直し回数が多くなるのがストレス。

コロコロボックル

個人的には一番好き。
異様な世界観と力押しも可能なパズルがよくマッチしてると思う。

ネコバ伝説STG

大味なシューティング。
自弾と敵弾とエフェクトの区別がつかないとこがよくも悪しくも昔のゲーム想起させる。
作者の方はやりこみプレイを想定しているみたいだけど、
稼ぎ方・効率のよいプレイが分かりにくく、やりこみプレイへの導線ができていない印象。
ステージが分岐?したり自機が複数用意されてたりと受け皿はあるので、
分岐条件や稼ぎ方を明確にすることでもっとプレイしてもらえるんじゃないかなあ。
ただヒマなときになんとなく遊んでしまう魅力はあり。

Dな食卓

最初のチュートリアルが終わって、
拠点に移動してメニュー開いたら項目が10以上あったのを見て
げんなりしてプレイをやめてしまいました。すみません。

めいどのねの

謎解きがなんとなく分かりそうだけど実践が物凄く面倒そうなのも分かったので
その時点で考えるのを止めてしまいました。

蛇女X

初見プレイでは全く分からずゲームオーバーになってしまったのですが、
何度もプレイすることで効率のよいプレイが分かってクリアーできるようになる
よいバランス。優勝したのは納得。
ただ自分の好みだと少しパワーアップ関連が忙しすぎるかなあという印象。

そこなら三角まわして四角

コンセプトは好き。
でも一瞬一致しただけでもOKなので適当にぐるぐる動かしてたら知らないうちに
あらかた揃ってしまったのが残念。

PixReversi

地味だけどよくできてる。

ことわのみずあつめ

マップに干渉できるタイプは好きだけど、ただ消してくだけなのがちょっと不満。
特定のオブジェクトを消すことで先に進めるようになるとか、
簡易なパズル要素がほしかった。

ジョレイさん

あまりやりこめてないけどやりこむと面白そう。
なつかしい雰囲気。

ムスコを喰らうサトゥルヌス

多分プレイ時間は最長。
選択肢が物騒だったり最初から不穏な雰囲気漂わせてるけど
初見のプレイではほぼ何もわからず、何度もプレイすることで謎が解けていくのが楽しい。
エンディングは真エンドらしいもの含め3種類ほど見たけど、まだまだありそう。

魔王とねこづくり

雰囲気はとても好きなんだけど、
一つ一つのリアクションが長いので3分ゲーを遊ぶ頭になってるとちょっと辛い。
特殊エンドの条件が一つもミスが許されない条件なのも相まってしんどいです。
作者さんの長編RPGがやってみたい。

ミニッツパーティー

おそらく大半のプレイヤーが最初に選ぶであろう一番上の選択肢の
「暴走中」・「イージー」が非常に退屈なので多くのプレイヤーはそこで止めたんじゃないでしょうか。
「3分チャンピオンシップ」を選ぶとそれなりに楽しいのでそっちを一番上にすれば
順位もう少し上がったと思います。

AboutCouse3

ワイヤーアクションパズル
よくできてると思う。

ナベシキマホウ

ごめんなさいルールが分かりません。

夢のお城

雰囲気のよい一本道RPG
難易度がシビアでクリアできず。きっちり寄り道しないと厳しいみたい。

クオリア

ホラーものは苦手。ホラー演出が雑な気も。
途中で詰まってやめてしまいました。

ネコバ地域侵略ゲーム

信長の野望的なSLG・・・なんだけどルールがよくわからなかった。
侵略は必ず成功して防衛は必ず失敗したので何も考えず出兵繰り返したらクリア。

天国まで575マイル!

知らない俳句がほとんどだったけどグーグル先生のおかげでクリアーできた!

3ew

だからホラー苦手なんですって。

MBディベート

・・・

じきゅうじそく

鳥を育てて卵を収穫する・・・だけ?

ひめこちゃんとかいわするゲーム

うーん。こういうの知ってるけどさすがにつらい。

3分の使い方

もう少し遊べば面白くなりそう・・・という状態がずっと続いてる。
自分のオートマータの使え無さの割りに敵オートマータが高性能なので
終盤一気に自分の陣地が増えるカタルシスが味わえるとこまで行けなかった。

タコシュー

雰囲気もいいしゲームも楽しい・・・けどいかんせん短い。3分ゲーだから当然だけど。
ボスが出たり、やりこみ次第ですごい点数が出るシステムにしたりすれば
もっと印象に残るんじゃないかなあ。

*** 雑感

なんとなく、3分ゲーは最初の3分をプレイした後にもう一回遊びたいと思わせられるか否かが
上位に入るポイントになってるように思う。
何度もプレイしたゲームの方が印象に残って票が入りやすいのは仕方がないことですし。

もう一度遊ばせる方法には、マルチエンドにしたり難易度を高めにしたり
やりこみプレイを熱くしたりそもそも三分じゃ終わらなかったり色々あるけども、
まずは最初の三分でゲームの魅力と複数回プレイで最初とは違う何かが得られることを
きちんとプレイヤーに伝えられることが重要なんじゃないかな、と思いました。

さて、なにをしよう

やりたいこと。

○運動会用のゲーム、結構面白い操作感になったのでもうちょい作りこんで公開してみたい。

でも現状ゲーム終了しても音楽が鳴り続ける不具合あるからそれが直ってからでないと不安。
ライブラリの問題なんでもう少し待てば直ると思うけども。

○シナリオのあるゲーム作りたい。

というかゲーム本編に会話等のイベントを挿入する方法確立したい。
シューティングとかアクションでテキスト適当に挿入できるといいな。
チュートリアル代わりにもできそうやし。

表示位置や文字揃え・テキスト送り方法・テキストウインドウの設定と、
表示するテキストをスクリプトで書く感じかな。
あとはなんらかのトリガーで起動して。

△なんかゲームを公開。

イベント用のミニゲームはたまに作っててなんだかんだゲーム制作欲自体は満たせてる。
のでゲームを公開すること自体は自分の中で優先度低い。

でももう5年新しいの出してないんだよねえ。
形だけでも公開しようかなあ。

△3分ゲーに参加・・・

これは上二つが終わってからでもいいかな。
なんなら一番上のを3分ゲー用に作る手も。

×SpriteStudioとか絵のお勉強。

SpriteStudioはもうちょいやりたいけども・・・
でも勉強って特定の目的なくやると質上げるのが目的になっちゃって
却って作れなくなったりするんよね。


さて、どれから手をつけよう。